<   2019年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ゴジュウカラ

 もう何年も前の話ですが、初めてこの野鳥を撮影したとき、一緒にいたカメラマンが「ゴジュウカラ」と言いました。
 私はてっきりふざけているのかと思ったのですが、なんとそれが正式名称。
 スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属だそうです。
 ちなみにシジュウカラはスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属ですから、別なんですね。
 名前はシジュウとゴジュウで十違い。
 何でこんな名前になったのでしょう。
e0037126_22121076.jpg
e0037126_22121380.jpg
e0037126_22121774.jpg

by ironsky | 2019-05-25 22:24 | 野鳥 | Comments(0)

野アザミ

 9月に写真展があり、鳥、風景、花の3部門の写真を用意しなければなりません。
 鳥は撮る回数が多いので、問題ないのですが、風景と花は、ほとんど撮っていません。
 これから花と言ったら、アジサイくらいしかありません。
 風景も、どこに撮りに行けば良いやら。
 
 花が気になっていたので、サシバの撮影の時、近くに咲いていたアザミを撮ってみました。
 800mmの望遠です。
 ついでで撮っていますから、作品にはなりません。
e0037126_23070556.jpg
e0037126_23070700.jpg
e0037126_23071246.jpg

by ironsky | 2019-05-24 23:07 | 野鳥 | Comments(0)

サシバ

 サシバもそろそろ雛が孵り、エサを運び始めるのではないかと思い、ポイントに行ってみました。
 現地に着いたのは8時。
 すでに2名のカメラマンがいました。
 話を聞くと、6時から来ているが、今日はまだ1度も姿を見ていないとのことでした。
 ひょっとすると、まだ雛が孵っていないかな・・・そう思いながら、カメラをセット。
 その後2時間ほど経った10時頃にやっと出てきました。
 エサをとってそれを食べ、もう一度エサをとったら、それはくわえて飛んで行ってしまいました。
 次に来たのは、1時間30分後の11時半頃。
 この時は1度だけエサをとり、すぐにいなくなりました。
 30分後の12時にもちょっと顔を見せましたが、すぐにいなくなってしまいました。
 この様子から、まだ雛は孵っていないと予想されます。
 もうちょっと経ったら、また行ってみるかな。
e0037126_21260152.jpg
e0037126_21255880.jpg
e0037126_21260312.jpg
 

by ironsky | 2019-05-23 21:26 | 野鳥 | Comments(2)

週末は暑くなりそうです

 5月なのに30度超え。
 信じられません。
 私が子供の頃は、30度を超えることなど、そう数多くはありませんでした。
 ですから、30度を超えた気温は、本当に暑い都感じたものです。
 それが最近では当たり前。
 この時期で30度を超えるなんて。
 日本という国は、四季のあり、季節季節の特徴がハッキリしていました。
 ところが最近は、春と秋をあまり感じなくなっています。
 冬と夏しかないのか!!
 困ったものです。
e0037126_22322482.jpg
e0037126_22322651.jpg
e0037126_22322935.jpg

by ironsky | 2019-05-22 22:32 | 野鳥 | Comments(4)

大雨

 今年は雨が少ないように感じていました。
 しかし、今日は大雨。
 特に神奈川県では、すごかったようです。
 私が住んでいる地域でも、昼頃は土砂降りでした。

 今野鳥は繁殖期です。
 私がよく撮影に行く川では、カワセミが子育てをしています。
 まだ巣立ち前だったのですが、今日の大雨。
 川が増水して、巣穴に水が入ってしまったのではないかと、とても心配です。
 雛がどうなったのか、とても気になるところです。

 野鳥は、カワセミではなくて、キビタキです。
e0037126_23010086.jpg
e0037126_23010393.jpg
e0037126_23010688.jpg

by ironsky | 2019-05-21 23:01 | 野鳥 | Comments(2)

フクロウの親

 雛を見守る親鳥です。
 おそらく母親でしょう。
 こちらの思い込みですが、心配そうな表情に見えます。

 昨日このフィールドに行った方から、話を聞きました。
 落ちた雛も、また木に登って、元気に過ごしているようです。
 もう一羽の雛も巣穴から出て、可愛い姿を見せてくれているようです。
 2羽が無事に大きくなれることを祈っています。
e0037126_22591419.jpg
e0037126_22591721.jpg

by ironsky | 2019-05-20 22:59 | 野鳥 | Comments(4)

フクロウの雛

 先日アップしたフクロウと同じ個体です。
 撮影日は同じです。
 巣穴から出て、2日目ですが、体の毛は白ではなくて灰色ががかっていました。
 かなり大きく育っているようです。
 出てくるのが遅かったのでしょう。
 巣穴から出たばかりのフサフサした感じは薄いのですが、やっぱり雛は可愛いです。
 木から落ちた後、どうなったのかなぁ。
e0037126_21173797.jpg
e0037126_21174238.jpg
e0037126_21174524.jpg

by ironsky | 2019-05-19 21:18 | 野鳥 | Comments(0)

1day関西

奈良の国立博物館と滋賀県のミホミュージアムに行ってきました。
目的は曜変天目茶碗。
日帰りで疲れましたが、満足の一日でした。
e0037126_23502278.jpg

e0037126_23503480.jpg

e0037126_23504085.jpg


by ironsky | 2019-05-18 23:46 | Comments(2)

おっとっと

 昨日の午後、フクロウの雛が巣穴から出てきたという情報をもらいました。
 昨日は飲み会だったのですが、今朝のことを考えてちょっとだけ酒量を控え、6時に起きて出かけてきました。
 現地に着いたのは、8時頃です。
 もう10人ほどのカメラマンがいました。
 わりと低いところにある枝に止まっています。
 早速私もカメラをセットして撮影を開始しました。
 撮影を始めてから、3時間ほど経った頃、居眠りしていた雛が急に羽ばたき始めました。
 バランスを崩したようです。
 一斉に鳴り響くシャッター音。
 羽を広げて、バランスをとろうとしましたが、落下してしまいました。
 近くにいた親鳥は、その様子に警戒モード。
 雛は羽をばたつかせますが、木に登る様子はありません。
 カメラマンの一人が、雛を木に止まらせてあげようと捕まえた瞬間、親鳥の攻撃。
 幸いにして、大きなけがにはなりませんでしたが、首筋にちょっと血がにじんでいました。
 危険なので、雛を木に止まらせるのは中止。
 その後地面でばたついていましたが、私たちの視界から消えてしまいました。
 自然界を生き抜く野鳥ですから、どこかの木に登ると思います。
e0037126_20305603.jpg
e0037126_20305918.jpg
e0037126_20310203.jpg

by ironsky | 2019-05-17 20:31 | 野鳥 | Comments(8)

セカセカすんな!

 よくまあチョコマカと動き回ること。
 追いかけるのが大変でした。
 実は、初撮りです。
 キバシリという名前のごとく、一時もじっとしていません。
 繁殖期なので、一生懸命にエサを捕まえて、巣に運んでいました。
 もうちょっと落ち着いてくれれば、それなりに撮れたはずなんですが・・・言い訳はダメですね。
 とりあえず、初撮りなので、良しとします。
 次回、機会があったら、もうちょっと大人しくして、良いポーズをとってくれ。(笑)
e0037126_22593287.jpg
e0037126_22593698.jpg
e0037126_22593998.jpg

by ironsky | 2019-05-16 23:00 | 野鳥 | Comments(4)