<< 今年は野鳥が少ない? スパム攻撃 続き >>

ガビチョウ

 いわゆる「籠脱け」と呼ばれる鳥です。
 籠脱けとは、コトバンクによると、「 江戸時代に行われた軽業(かるわざ)の一。底のない長い竹籠などをくぐり抜ける曲芸。」とあります。
 しかし、鳥の世界では、人間が飼育していたものが逃げだし、自然界で繁殖したものを指します。
 このガビチョウは、特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっています。(ウィキペディアより)
 野鳥を撮影していると、結構よく見かけるのですが、みなさん「籠脱け」と呼んで、あまり撮影をしません。
 体が鳩くらい大きく(25cmくらい)、小鳥を追い払ってしまうこともあるので、どちらかというと嫌われものです。
e0037126_20503045.jpg
e0037126_20503416.jpg
e0037126_20503792.jpg

by ironsky | 2019-01-16 20:50 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by es-honobono-3 at 2019-01-17 12:29
おはようございます。
遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もステキな鳥の写真を楽しみに、
お待ちしています。
Commented by river_kingfisher at 2019-01-17 14:43
ガビチョウは鳴き声は良いのですけどねぇ〜
最初にフィールドで聞いた時は、識別できずにずいぶん悩みました。声が良いから飼い鳥として広まったんでしょうね。
Commented by ironsky at 2019-01-17 18:51
es-honobono-3さん、こんばんは。
明けましておめでとうございます。
昨年末以来、ブログの更新が止まっていたので、どうしたのかなと思っていました。
おいでいただき、安心しました。(笑)
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。
Commented by ironsky at 2019-01-17 18:53
river_kingfisherさん、こんばんは。
ありがとうございました。
鳴き声が良いのですか。
知りませんでした。
でも、そのため飼われていたというのは、納得です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今年は野鳥が少ない? スパム攻撃 続き >>