<< ど真ん中 昨日のこと >>

花は難しい

 花は、鳥のように動かないので、じっくりと構図を考え撮影ができます。
 しかし、花そのものも美しく、そして背景も美しくとなると、なかなか良いのが見つからない。
 色々な方向から花を見て、やっと構図を決めても、後で見てみると「な~んだ」なんてことは数多くあります。
 今回の梅の撮影は約1時間。
 3分咲き程なので、良いのを探すのも大変。
 さらには、強風。
 なんか言い訳になってしまった・・・・。(笑)
e0037126_2359545.jpg
e0037126_00958.jpg

by ironsky | 2013-02-26 23:56 | 身近な花 | Comments(6)
Commented by etakenaka at 2013-02-27 08:38
まったく同感です。
「これはいい」とか思って家で確認すると、がっかりすることが
数多くて・・・。
でもそうだから、楽しいのかもしれないですね。
いつもいつも思った通りに撮影できたら、また撮影しに行こうと
思わないかもしれませんから。(笑)
Commented by kanmyougam at 2013-02-27 10:21
すばらしいです。
あんまり花が多くてもまとまりにくいですか。
写そうとして風にあおられるのがいやですね。
三脚ですか。
Commented by gattin38 at 2013-02-27 13:48
花に限らず写真はほんとに難しい。
ある程度、いやかなり機材に左右されますが
性能がいいのになればそれを使いこなすのが
難しい。それも技術のひとつかもしれませんが~~。
Commented by ironsky at 2013-02-27 23:43
etakenakaさん、こんばんは。
ファインダーを、もうちょっと冷静に見ることができれば、写真も上達するのだろうなと思うのですが、それがなかなかできません。
思い通りにならないから、また撮ろうという気持ちになるのだと思います。
Commented by ironsky at 2013-02-27 23:45
kanmyougamさん、こんばんは。
梅は満開よりも、咲き始めの方が良いですね。
つぼみと花と、両方入れた方が絵になりやすいと思います。

花の撮影は、基本的に三脚使用です。
今回アップしている写真は、全て三脚使用のものです。
Commented by ironsky at 2013-02-27 23:47
gattinさん、こんばんは。
そうですね。
機材の善し悪しでも、結果に違いは出るでしょうが、一番の違いはやっぱり撮り手の技量です。
それを高めたいと思っても、なかなか高まらないし。
同じ失敗を繰り返して、進歩のない写真を撮っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ど真ん中 昨日のこと >>