<< D4の使い勝手 D800/D800Eテクニカルガイド >>

5DIII

 D800と発売日の重なった5DMark3です。
 人気の面ではD800に一歩譲るようですが、かなり売れてはいるようです。
 5DMark3とD800はよく比較されるライバルです。
 ニコンは画素数よりも、高感度でのノイズ耐性に力を入れてきました。
 でも、今回のこの2機種の人気の度合いを見ていると、カメラの性能は画素数で判断するというのがまだ生きているという感じがします。
 私はニコンファンですが、今回の5DMark3はとてもバランスが取れていると思っています。
 私がキヤノン使いだったら、間違いなく購入していたでしょう。
 しかし、現実は高画素のD800の方を選択する人が多くいます。
 それぞれ自分の用途に合わせて購入しているのですから、問題はないのですが、どうも高画素が人気というところに引っかかります。

 今日の写真は、小石川植物園で撮影したものです。
e0037126_2257438.jpg

by ironsky | 2012-03-24 22:58 | カメラ | Comments(2)
Commented by etakenaka at 2012-03-25 16:35
まったく同感で,画素数を競うような動きには疑問を感じて
います。
それにしても3630万画素とは凄いですね。
Commented by ironsky at 2012-03-25 21:56
etakenakaさん、こんばんは。
画素数が増えでも、その表現を生かすだけの出力手段がありません。
さらには、PCの処理にも問題が出てきそうです。
使わないことわかっているのでしょうけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< D4の使い勝手 D800/D800Eテクニカルガイド >>