<< 阿蘇に向かう途中 食べ物ブログ? >>

白糸の滝

 熊本市内でタイピーエンを食べ、その後南阿蘇の宿に向かいました。
 その途中で「白糸の滝」という看板を見つけたので、立ち寄ることにしました。
 「白糸の滝」という言葉からイメージするのは、富士や軽井沢の「白糸の滝」です。
 細く白い無数の滝をイメージしていったら、全く違う滝でした。
e0037126_2254128.jpg
e0037126_22541284.jpg
e0037126_22542674.jpg


 観光客はたっまくいなくて、私たち夫婦だけで、この滝を独占しました。
 おそらく今回の写真は、表示にものすごい時間がかかるでしょう。(22:55現在)
by ironsky | 2012-01-19 22:55 | 九州 | Comments(8)
Commented by MAMEKUN at 2012-01-20 07:56 x
周りの岩からしみだしてる部分が白滝なのか?(笑)MAMEKUNにとって『滝の撮影』は苦行です。たいがい、歩かなくてはいけないので。滝につくまで、色々ショップでもあればいいのですが、ほとんどない!(というかあると困るのではないか?)ということで、滝の写真は見るのはとても好きです。お疲れ様でした。昨日はちゃんとラーメンネタだったんですね(笑)酔った勢いの高額商品購入・・そんなironちゃん大好きです(笑)
Commented by giovanni_jp at 2012-01-20 10:17
スローシャッターで撮影された水の流れの感じが最高ですねぇ~
ここは当然、NDフィルタをかまして、SSを遅くされたのではないかと
想像していますが、いかがでしょうか (^^
それにしても、苔むした岩の感じが素晴らしいです。
Commented by footworker at 2012-01-20 15:03 x
熊本県内にある滝は数多いのですが、この「白糸の滝」が最もお気に入りの自分です!^^

その理由は、”歩かなくていい”(笑)

車を止めて、すぐ近くに三脚を立てられるからです(爆笑)

もっと有名な、「鍋ケ滝」は、滝壺まで100mくらい下り。。。
撮影後に登るのにしんどいこと!

もう滝は撮らないぞと決めていた自分ですが、
東京から、ちゃびんさんらが来た時は、仕方なく下まで降りました。

話を戻して、この「白糸の滝」ですが、多くの滝がそうであるように、
新緑の頃と紅葉の頃はもっと絵になりますよ。

そして、正午前後に木漏れ日がさすそうです。

それにしても、熊本市内→南阿蘇のコースの中で、よく見つけられたと
感心しています^^

次は南阿蘇。。。らくだ山の地鶏が出てきそうですね^^
(過日、ちゃびんさん、タミンさんらと利用しました)
Commented by gattin38 at 2012-01-20 16:53
こんにちわ。冬の滝、一味違ってい良いですね。白糸の滝と言えば
我が家から40分ぐらいの所にもあります。そこはオオルリ等のポイントなんですが昨年秋頃から全然姿が見えないので鳥見する人も恐らく
行ってないと思います。熊本はいいですね。
Commented by ironsky at 2012-01-20 23:33
MAMEKUNさん、こんばんは。
おっしゃる通り、滝の撮影は歩きますね。
私はそれを覚悟して、撮影しています。

滝に行くまでに、PCのパーツ店や、カメラ店があったら最高でしょうけど、まずあり得ませんね。(笑)
酔った勢い・・・・怖いです。
Commented by ironsky at 2012-01-20 23:33
MAMEKUNさん、こんばんは。
おっしゃる通り、滝の撮影は歩きますね。
私はそれを覚悟して、撮影しています。

滝に行くまでに、PCのパーツ店や、カメラ店があったら最高でしょうけど、まずあり得ませんね。(笑)
酔った勢い・・・・怖いです。
Commented by ironsky at 2012-01-20 23:33
footworkerさん、こんばんは。
「歩かなくていい」ですか。
私は、すぐ近くまで車で行けることを知らなかったので、遠くの駐車場から歩きました。
滝に着いたら、すぐ近くに駐車スペースがあったので、「ガーン」でした。

白糸の滝は、水量が豊富な時期は、きっと白糸がたくさん見られるのでしょう。
もう一度いってみたいものです。

らくだ山の地鶏・・・・気づきませんでした。(残念)
Commented by ironsky at 2012-01-20 23:33
gattinさん、こんばんは。
日本全国、色々なところに白糸の滝があるんですね。
知りませんでした。
滝のあるところにオオルリですか、すばらしいロケーションです。
一度行ってみたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 阿蘇に向かう途中 食べ物ブログ? >>