<< とんとんさんの掲示板オフ会 初詣 >>

清澄庭園

 ここは紀伊国屋文左衛門の別荘があったところです。
 明治時代になって前島密の屋敷となり、その後岩崎弥太郎が買い取って別荘としたところだそうです。
 なんか歴史の教科書に出てきそうな名前ばかりですけど。
 天気も良かったので、たくさんの人が訪れていました。
 この時期ですから、花などはほとんどありません。
 春にもう一度行ってみたいと思っています。
e0037126_23251345.jpg
e0037126_23252784.jpg
e0037126_23254598.jpg
e0037126_2326164.jpg

by ironsky | 2008-01-05 23:27 | 東京散歩 | Comments(27)
Commented at 2008-01-06 00:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gattin38 at 2008-01-06 13:07
ironsky さん、新年明けましておめでとうございます。
挨拶が遅くなりすみません。今年もどうぞ宜しくお願い致します!
Commented by hiroyuki99999 at 2008-01-06 17:51
東京にもこういう自然に満ちた場所が結構あるんですね。
やっぱり人間は緑に触れなきゃダメです^^;;
Commented by ha3n at 2008-01-06 18:14
こんばんわ~

あっ、ここ知ってます~ (^^)!!
おー、冬ってこんな感じなんですね。

ただ、”紀伊国屋文左衛門”の別荘があったとこってのは、ここではじめて知りました。(^^);

それにしても、こういったとこの写真って、なんだか惹かれますね~
(歳とったせいかな?(笑))
Commented by beijaflorspbr at 2008-01-06 18:46
ironskyさん、初めてご挨拶に伺いました。
地球の反対側の住人のハチドリと申します。
どうぞ宜しくお願いいたします。
数々の素晴らしい写真に魅せられております。
私の勉強不足を痛感させられます。
清澄庭園は私も行ったことがあり、(年に2~3回帰国します)大好きになりました。
こんな風に撮るんだなあ~とカメラアングルの勉強をさせて頂いています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
サンパウロのハチドリより

Commented by semi_san at 2008-01-06 18:47
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
カワセミのホバ、3Dでしっかり撮られていて、以前の勘もだいぶ戻られた
のではないでしょうか。新年早々、D3の威力ですね。
当方はまだD300は色々試行錯誤中です。(笑)
本年も宜しくお願い致します。
Commented by Shikokuboy at 2008-01-06 20:01 x
失礼します。松はきっちりと色とかを出すのが難しいですね。
でも、この場所、素敵な場所ですね。
こういう場所があるといいです。
D3全開ですね。
Commented by newyork-man at 2008-01-06 20:22
あけましておめでとうございます。
日本庭園等は殆ど撮影した事が無く
奥の深さを感じさせますね。
とても難しそうです/笑
今年もよろしくお願い致します。
Commented by tkumaso at 2008-01-06 20:41
ironskyさん、こんばんは。
由緒のある日本庭園なのですね、
写真を拝見しただけで心がなごみます、
ironskyさんのカメラアイはすばらしい!
Commented by yohira94 at 2008-01-06 21:13
こんばんは
ここには行った事がありませんが、昔の良さが漂う公園ですね
冬は冬の静けさが人を和ませます

一昨日、公園で偶然カワセミを見つけてironさんを思い出し
レンズを向けましたが、その速さには全くついて行けず
ironさんの腕の凄さを感じました
Commented by kagetu2006 at 2008-01-06 21:21
1枚目、シルエットでまとめたのが良いですね。
形だけですべて分かります。
白い雲も効果的です。
Commented by syou_suke at 2008-01-06 21:23
年始にどこの庭園に行こうか調べて清澄庭園も候補でしたが、
自分は浜離宮に行きました。
松が力強く、綺麗に写っていますね。
Commented by tatux2yan at 2008-01-06 22:29
 こんばんは~^^
写真で見る限りは人気も感じない自由に撮影できる嬉しい空間では
無かったのでしょうか?^^
そういう貸切状態はストレス発散にも持ってこいです。
冬と言うより暖かそうな日差ししますね~。
Commented by mayumis39 at 2008-01-06 22:34
こんばんは。一枚目を見た時は、兼六園にでも出かけられたのかしら・・・と思いした。
見事な雪吊り(?)のような形でしたので・・・。
でも、画面の明るさがやはり北陸とは違って、きれいですね。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:27
gattinさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
私も今年はヤマセミを撮ってみたいと思っています。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:27
hiroyukiさん、こんばんは。
緑の中にいると心が落ち着きますね。
自然の中での生活、人間にとって必要です。
といっても、本当に規模の小さな自然ですけど。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:27
ハッサンさん、こんばんは。
若い頃は、こういうところに行っても、じっくりと見ることはありませんでした。
でも、私も最近は、こういうところでのんびりするのが、だんだん良くなってきました。
あまり刺激が強いのは疲れます。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:27
ハチドリさん、はじめして。
サンパウロからわざわざおいでいただきまして、ありがとうございます。(笑)
私の稚拙な写真ですが、お楽しみいただけたら幸いです。
これからもよろしくお願いします。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:27
semi_sanさん、明けましておめでとうございます。
まだまだ、D3は使いこなせません。
一通り、その機能を試しているという状態です。
私の腕では、とうていその機能を使いこなすというところまでは行かないと思います。
でも、自分なりにがんばっていこうと思っています。
今年もよろしくお願いします。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
shikokuboyさん、こんばんは。
松の葉のつんつんした感じを出したくて、アンダーにしました。
でも、2枚目や4枚目はちょっと中途半端でした。
もうちょっと補正して、松をシルエットにした方が良かったと思っています。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
newyork-manさん、明けましておめでとうございます。
外国の写真が多いnwyork-manさんですから、日本庭園などは逆に新鮮なのではないでしょうか。
こういう庭園でのんびりするのも良いものです。
是非お出かけください。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
tkumasoさん、こんばんは。
都内は、武家屋敷跡などが庭園として残っていることが多くあります。
そういうところを歩いて回るもの、楽しいものです。
しかし、この時期の庭園、撮影は難しいですね。
何を中心にするか、悩みます。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
yohiraさん、こんばんは。
私も名前だけは知っていましたが、今回初めて行きました。
なかなか良いところです。

カワセミに出会ったんですね。
おめでとうございます。
カワセミの写真、ぜひ撮影してください。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
花月さん、こんばんは。
1枚目、ちょっと下の方の影が多かったですね。
もうちょっと雪吊りを大きくした方がよかったと思います。
撮っているときに気づかないとダメですね。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:28
syou_sukeさん、こんばんは。
浜離宮、良いですね。
都心にあるので、庭園の緑の向こうに建ち並ぶビルなんて景色が撮れます。
今回は、富岡八幡宮が目的でしたから。
清澄庭園はその行く途中ということで、寄りました。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:29
オヤジTさん、こんばんは。
いや、人が多くて大変でした。
人のいないところを選んで動き回りましたから。
思い切って、人のいる風景にしてしまえばいいのですが、それがなかなかできません。
Commented by ironsky at 2008-01-07 21:29
mayumisさん、こんばんは。
雪吊りといったら兼六園ですね。
兼六園の雪吊り、数は多いし立派です。
ここの雪吊り、形だけです。
雪吊りが必要なほど、雪の降ることはないと思いますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< とんとんさんの掲示板オフ会 初詣 >>