<< 顎が痛い ノビタキ >>

弱肉強食(閲覧注意)

 日曜日の朝、前日に雨が降ったせいで、霧が出ていました。
 野鳥の撮影フィールドにも、霧がたちこめ、若干視界が悪い状態でした。
 こんな日は、蜘蛛の巣に水滴がついて、日の光が当たると輝いて見えます。
 蜘蛛の巣に水滴はついていましたが、日光がありません。
 まあ、それなりに綺麗な蜘蛛の巣です。
 でも、正直なところ、ジョロウグモは苦手です。
 そんな気持ちで見ていると、ある蜘蛛の巣にアキアカネがかかりました。
 もがくアキアカネ。
 そこに近づくジョロウグモ。
e0037126_20572273.jpg
e0037126_20572934.jpg
e0037126_20573331.jpg

by ironsky | 2017-10-10 20:57 | プログ | Comments(8)
Commented by itohnori2 at 2017-10-11 08:22
Ironskyさん、お早うございます。
 残酷なシーンですが、みな生きるために必死なのですね。
これが自然の摂理なのですね。
野鳥がトンボを咥えているシーンは見慣れているのか、それほど残酷さを感じないですが、蜘蛛の巣にトンボとなると残酷に感じてしまいます。
Commented by es-honobono-3 at 2017-10-11 08:34
おはようございます。

きれいなアキアカネが可哀想に蜘蛛の餌食になってしまったんですね。
まあ、それぞれ生きるのに一生懸命だから、仕方ないことですね。

雨上がりの蜘蛛の巣はきれいですよね~
Commented by muku65 at 2017-10-11 08:39
おはようございます。
蜘蛛が糸で造る巣は美しいですね。
アキアカネをとらえる瞬間の写真、迫力あります。
私も一度その瞬間を見たいのですが、見たことがありませんでした。
蜘蛛の巣は、散歩道でたくさん見るのですが、なかなかね。

草を巣に引っ掛け、虫が動くようにバタバタさせてみたこともありますが、蜘蛛が逃げてしまいました。
おそらく捕まった虫は、蜘蛛にわかるような超音波みたいなのを発しているのかもしれません。草ではだめです。
Commented by Iolite-Spica at 2017-10-11 18:04
こんばんは。
私は先日、カマキリの捕食する姿を撮りました。
対象はアサギマダラ。。。。(>_<)
自然の理で、手出し無用ですけど、ただ見つめるしかないのは辛く、また怖かったです。
そのうちブログにもアップする予定ですが、やはり、警告をつけようと思ってます^^;
Commented by ironsky at 2017-10-11 20:46
itohnoriさん、こんばんは。
ありがとうございます。
生きるために、それぞれが活動しているわけですから、こういうシーンも当然のことですね。
野鳥がトンボを捕まえる姿、よく見かけます。
それって、残酷だって感じません。
やっぱり慣れでしょうか。
Commented by ironsky at 2017-10-11 20:47
es-honobono-3さん、こんばんは。
ありがとうございます。
アキアカネは、この後しっかりと蜘蛛の餌食となっていました。
ちょっとだけ、助けようかなと思ったのですが、自然界のことですから、手を出すのを止めました。
蜘蛛も、生きるためにやっているのですから。
Commented by ironsky at 2017-10-11 20:49
muku65さん、こんばんは。
ありがとうございます。
蜘蛛の巣は、芸術的に美しいです。
特に朝露がついた姿は、最高です。
日の光がなかったのが、残念でなりません。

おそらく、生き物がもがく震動を、蜘蛛はちゃんと捉えているのでしょうね。
Commented by ironsky at 2017-10-11 20:52
Iolite-Spicaさん、こんばんは。
ありがとうございます。
カマキリの捕食だと、迫力ありそうですね。
見ている側としては、「助けてあげたい」という感情は起こって当然だと思います。
でも、これが自然の姿ですから、なるがままに任せるのが一番だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 顎が痛い ノビタキ >>