<< 足が痛い 寒い >>

ニシオジロビタキがいなかったのは

 先日、ニシオジロビタキの撮影で、空振りしたことを書きました。
 ニシオジロビタキがいなかった理由として考えられることは
 1.抜けてしまった(別の場所に移動してしまった)
 2.たまたまその日は、他の場所へ行っていて、出てこなかった。
 3.何か事故があった。
 などではないかと思います。
 1ですが、時期的に、抜けてしまうには早いと思います。
 2も、これまでずっといた場所ですから、その日だけ違う場所というのは、考えにくいです。
 となると、一番可能性の高いのは、3番と言うことになります。
 この日、撮影を強いたら、上空を猛禽が飛びました。
 慌ててレンズを向け撮影したら、なんとオオタカ。
 オオタカに襲われた可能性もそれなりに高いと思います。

 そのオオタカの写真です。
e0037126_21105421.jpg


 おまけは昼間の月です
e0037126_21112156.jpg

by ironsky | 2017-01-24 21:11 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by es-honobono-3 at 2017-01-25 08:04
おはようございます。

ニシオジロビタキがオオタカに襲われた可能性が大きいとか、
かわいそうですけど、鳥の世界では仕方ないことなんでしょうね。
生きるためには・・・

昼間も月が見えたんですね~
Commented by muku65 at 2017-01-25 08:10
おはようございます。
小鳥いるはずのところにいないと心配になりますね。

昼間の薄い月、こんなに美しいんですね~。
Commented by katokun3 at 2017-01-25 09:37
おはようございます・・
月・・・美しい ナイスですね^^)
Commented by ironsky at 2017-01-25 20:42
es-honobono-3さん、こんばんは。
ありがとうございます。

オオタカに襲われたという確証はありません。
可能性はあります。
自然界は厳しいですね。
無事どこかで生き延びていてくれれば良いのですが。

下弦の月なので、晴れていれば、午前中に見ることができます。
上弦の月だと、夕方に見えますね。
Commented by ironsky at 2017-01-25 20:44
muku65さん、こんばんは。
ありがとうございます。
はい、オジロビタキがどうなったのか、ちょっと心配です。
生きていくのが厳しい世界です。

見上げた先に、白い月がありました。
とりあえず1枚撮ってみました。
Commented by ironsky at 2017-01-25 20:45
katokun3さん、こんばんは。
ありがとうございます。
白い月、けっこう好きです。
ただ、日中外で月を見る機会はあまりありません。
この時は、ちょうど視線の先にあったので、撮ってみました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 足が痛い 寒い >>