<< やっぱりミサゴだ! ベトナム最後の食事 >>

白いトンビ

 今日は、そば畑にノビタキが来ているという情報をもらったので、出かけてきました。
 そば畑に着いたのは、午前7時前。
 見たところ、鳥の影はなし。
 情報をくださった方に確認すると、飛来するのは午後2時頃とか。(確認しておけば良かったぁ)
 午前中は、白いトンビのいるところに行くことにしました。
 だいたいの場所は知っていしたが、カメラマンはどこにもいません。
 とりあえずは、情報収集。
 散歩をしている方に、「この近くに白いトンビがいるという話をきいたのですが?」と問いかけると、「この近辺にしょっちゅう出てくるよ。」と言う返事。
 昨日は、たくさんのカメラマンが、大きなレンズを構えていたという話も聞きました。
 撮影のポイントを確認して、早速カメラをセット。
 セットの途中で、白いトンビが飛来しました。
 確かに白い。
 でも、昨年いた個体は、もっと白かったとか。(なにぃ?去年からいるんかい?)
 白いトンビをご覧ください。
e0037126_20383771.jpg


 色の違いがわかるように
e0037126_2038564.jpg
e0037126_2039174.jpg

by ironsky | 2015-10-03 20:39 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by アッラーニコン at 2015-10-04 06:05 x
おはようございます。
白いトンビ いるのですね。!
アルビノ種でしょうか?
さすが猛禽の先生 素晴らしいです。!
Commented by itohnori2 at 2015-10-04 09:45
Ironskyさん、こんにちは。
 白いトビとは珍しいですね。
1羽だけ写すのも難しいのに、白黒2羽も写されたとはビックリです。
ラストは顔を見合わせていますね。
番?兄弟?
Commented by タミン at 2015-10-04 12:06 x
流石ですねぇ^^
かなりご満悦な表情をされていたのでは?と
思うほど、珍しい描写ではないでしょうか???
拍手です!!^^
Commented by ukuk5656 at 2015-10-04 16:24
あれ? もうよくなったのですか? 若いせいか回復が早いですね
何はともあれ重い機材を持って出かけられるのでもう安心ですね、よかった!
いろんな動物の中に色素が抜けて生まれてくるアレビノ種なんでしょうか
僕は白い日本サルを見たことがあります、自然界では不利だとか! 五郎
Commented by ironsky at 2015-10-04 20:09
アッラーニコンさん、こんばんは。
正直なところ、白のトンビは候補としてはかなり低い被写体でした。
この日の本命は、ノビタキでしたから。
時間つぶしのつもりで、撮影に行きました。
頻繁に来るし、他のトンビも来るし、楽しい撮影ができました。
おっしゃる通り、アルビノだと思います。
Commented by ironsky at 2015-10-04 20:12
itohnoriさん、こんばんは。
白といっても、真っ白ではありません。
でも、他のトンビとはちょっと見ただけで違います。
今回は、うまい具合に他のトンビとのコラボが撮れました。
兄弟ではないと思います。
どちらかというと、いじめっ子のようです。
Commented by ironsky at 2015-10-04 20:14
タミンさん、こんばんは。
いや、そうでもありません。
こちらは本命としてねらったわけではありませんから。
もう一度撮影行くかと問われたら、付き合いなら仕方ないけど、一人で行くのなら「ノー」と答えます。
珍しいとは思いますが、やっぱりトンビはトンビです。
Commented by ironsky at 2015-10-04 20:16
五郎さん、こんばんは。
ご心配いただき、ありがとうございます。
正直なところ、腰はまた本調子ではありません。
でも、機材を一度で運ぶのではなく、2回に分けて運ぶことで対応しました。
一緒に行ったカメラ仲間にも、助けてもらいました。

おっしゃる通り、アルビノでしょう。
同じ種のトンビからもいじめられいるようです。
羽がボロボロですから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< やっぱりミサゴだ! ベトナム最後の食事 >>