<< 雨続きの時は水滴でも 昼から飲み会 >>

やっぱりツツドリ

 今日は、ツツドリの撮影に行ってきました。
 カワセミの情報もあったのですが、確実に撮影できるのはツツドリだったので、そちらを選択しました。
 我が家を出たのが9時ちょっと前。
 フィールドに着いたのは、9時半頃。
 もう30人ほどのカメラマンがいます。
 しかし、私が到着してから、急に飛来の回数が減りました。
 時々飛来するも、すぐにどこかに行ってしまいます。
 何回かシャッターは切ったものの、皆空抜けでです。
 11時過ぎに雨が降ってきて、撮影は中止となりました。
e0037126_1955299.jpg

by ironsky | 2015-08-30 19:03 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by itohnori at 2015-08-31 08:23
Ironskyさん、お早うございます。
 ツツドリが綺麗に採れましたね。
空抜けでもこれだけ綺麗に撮れれば申し分ないです。
ツツドリは確実に写せるのですか。
それは良いですね。
私は未だ見たことがありません。
Commented by sizhimi at 2015-08-31 11:13
鳥の写真の撮影はとても難しいし根気が要るものなので感心しています。私には無理なので。これだけ撮れるようになれば楽しいですよね。そろそろ私もカメラに持ち替えて頑張りだそうかな・・・と思えるお写真が多くて励みになります。
Commented by ironsky at 2015-08-31 21:12
itohnoriさん、こんばんは。
ありがとうございます。
空抜け逆光で、なかなか良い写真になりません。
でも、野鳥の撮影ができるということで、我慢です。
このフィールドは、ツツドリのえさ場なので、確実に来てくれます。
ですから、それをねらうカメラマンも多いです。
Commented by ironsky at 2015-08-31 21:15
sizmimiさん、こんばんは。
うれしいコメントありがとうございます。
撮影の基本は、待つことだと思います。
とはいえ、4~5時間も待って来なかった時は、正直かなりつらいです。(笑)
でも、撮影に出かけないと、写真は撮れません。
撮れないことも覚悟で、出かけています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨続きの時は水滴でも 昼から飲み会 >>